米国株投資ブログ

米国株(アメリカ株)への株式投資に関して書きます。
急成長株、優良株、高配当株といった個別株に投資する攻めの資産。
米国に投資するETFを主とした守りの資産。 おすすめの株の本も紹介します。

日本株でなく米国株に投資をしている理由をもう一度考えてみた

投資の本場_アメリカの国旗

日本の株には一切投資せず、米国株にだけ投資しています。
投資の本場と呼ばれるアメリカの株への投資と日本の企業への投資はどうちがうのでしょうか?
日本の株ではなく米国の株に投資している理由を再確認したらちょっと思っていたことと違いました。

米国株は長期的に上昇してきたと思っていた

アメリカの主要株式指数であるダウ工業指数と日本の主要株式指数の日経平均です。

アメリカは長期でみたときに安定して上昇しています。日本はまだ1989年のバブルの時の日経平均を超えることができていません。

株価の将来は予測できませんが、どちらの株を安心して持ちたいかというと、アメリカの株です。
と思っていましたがもう一度確認。

ダウ平均と日経平均を比較

実際に日経平均と米国の主要株価指数であるダウ平均を比べてみました。
期間は1970年から現在の2017年7月までです。
ダウ平均 日経平均比較 1970年-2017年

チャートの単位は日経平均は円、ダウ平均はポイントです。それをそのまま比較しています。

日本株はバブル崩壊前の1989年のピークが目立ちますが、1970年から2017年まで約50年に渡り長期保有していたらあまり差がないようにも見えます。

続いて1970年の時の数値を1として株価チャートを比べてみます。

ダウ平均 日経平均比較 1970年-2017年 1970年1

米国株は1970年に株を買い現在まで保有していたら4倍になっており、日本株だと8倍になっています。

米国株は1970年代と80年代にあまり上昇していなかったのが響いています。

1970年を起点として考えるとダウ平均よりも日経平均の方が長期にわたり上昇してきたといえます。
ただ日経平均の方が乱高下が激しいですね

アメリカの企業の方が株主によく還元する

配当

アメリカの企業のほうが、株主、すなわち株を買ってくれた人を大切にしています。
配当利回りが3%以上の企業はざらにあります。
アメリカ市場の企業のうち配当利回りが3%以上の企業は700社程度あります。(2017年8月10日時点)

と思ってましたが、念のために日本企業も確認をします

なんと日本の株も500社以上も配当利回りが3%以上でした。

アメリカの企業の方が配当利回りは高いというわけでもないようです。

自社株買い

米国市場の企業は自社株買いを日本よりもはるかにやっていると思っていました。
最近は日本企業も自社株買いをよくやるようになってきていますが、まだ米国の企業の方が多いようです。
ちょっと調べてみました。

こんな記事がありました

上場企業による自社株買いの実施額が1~9月に4兆3500億円と過去最高を記録した。
中略

企業統治で先行する米企業はより大規模な自社株買いを実施している。トムソン・ロイターによると今年1~9月の自社株買いは25兆6000億円に達した。

日本経済新聞 マーケットニュース 2016年10月19日 より引用

自社株買いによる株主への還元は米国企業の方がまだまだ進んでいますね。

アメリカの優良企業は利益率が高い

アメリカの優良企業は利益率が半端ではありません。
純利益率が10%を越える企業がわんさかあります。

どうせ買うのなら高い利益率の会社の株を保有したいです。

日本企業の方が利益率は低いというイメージがありましたが、調べてみました。
すると日本の企業で売上高経常利益率が10%以上ある企業は1000社もありました。

何故日本の企業は利益率が低いなんて言う先入観を自分は持っていたのか不思議です。

アメリカの企業に投資するデメリット

アメリカの企業に投資する短所も当然があります。

将来性が高そうな、あまり有名でない企業への投資です。いわゆる小型株への投資。

これは、やっぱりその企業の商品やサービスを肌で感じられる日本株の方が圧倒的有利です。

例えばスターバックスのサービスを経験してこれはいい、株価もきっと上がるに違いないと思っても、本場アメリカで既に大きな成功をおさめその勢いで海外展開して日本に進出した状態です。
そこからさらに大きな爆発的に株価の上昇を期待するのにはちょっと無理があります。

最後に

米国企業の株の方が日本の株よりずいぶんいいと思っていましたが、そうでもないようです。
米国企業とはいえ、非常に多くの企業がグローバル展開しています。
日本の企業もグローバル展開しています。
グローバル展開をしていない企業は一部の業種に限られるでしょう

そう考えると、米国株だからいいとか日本株だから悪いとか、そういう国による株の傾向の違いは非常に少ないのだと思いました。

株の本 おすすめ 初心者から中、上級者へファンダメンタルズ分析の本

株_本_おすすめ

株を勉強したいけど、どの本を読んだらいいかわからない、
株を始める前に少し株の勉強をしたい、という初心者の方

初心者向けの本は読んだし、実際に株の取引きもしたけど、もうちょっと勉強したいという中級者、上級者の方におすすめの株の本を紹介します。

株価チャートを分析するテクニカル投資ではなく、企業の事業や決算書をみて行うファンダメンタルズ投資を勉強するための本を紹介しています。

私も米国株をするにあたり、むさぼるように、何10冊もの様々な株式投資の本を読みました。

そんな私からみた、おすすめ度も書きます。最大で3個です。

目次

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析

株式投資には大きく分けて二つの投資方法があります。 テクニカル分析もしくはファンダメンタルズ分析を用いた株式投資です。

ファンダメンタルズ分析

企業の事業や財務諸表(損益計算書、バランスシート、キャッシュフロー計算書)、経済環境(好況、不況か)を分析して行う投資法です。

このブログではファンダメンタルズを分析して行う株式投資におすすめの本を紹介します。

テクニカル分析

テクニカル分析は株価のチャートを使う投資法です。株価チャートを分析し過去のパターンと照らし合わせ、株価が 今後上がるか下がるかを分析して行う株式投資方法です。
株価チャート

初心者におすすめの株の本

株式投資の成功者 ウォーレンバフェットに学ぶ本


億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術

メアリー・バフェット,デビッド・クラーク 日本経済新聞出版社 2002-05-20

おすすめ度

株式投資家といえばやはりウォーレン・バフェット。7兆円もの資産を持ち世界の長者番付に毎年名を連ねる株式投資の成功者です。

長期にわたり繁栄を続ける優秀な企業の株をタイミングよく買い、長期にわたって保有し続けるのがバフェットのスタンスです。

それは、パソコンの前に朝から晩まで座り、株の売買繰り返す株式トレーダーとは全く異なります。

長期にわたり成長し続け、投資家に利益をもたらす銘柄は、どのような銘柄か?
株を買っていいタイミングはいつか?

長期投資することにより、どれくらいの利益が期待出るのかの計算方法も書いてあります。
成功者から学ぶべし
投資家必読の書であります。


様々なファンダメンタル分析の方法を学ぶ本


これならできる!有望株の選び方

鈴木 一之 日本経済新聞出版社 2014-01-24

おすすめ度

色々なファンダメンタル分析の方法が書いてあるので株を始めたばかりの初心者におすすめの一冊です。

ファンダメンタル分析といっても株には色々な種類があります。

  • 市況関連株(シクリカル株); 景気変動に連動して動く株
  • バリュー株; 企業の本質的価値より安く売られている株。
  • 成長株; 高い、売り上げ、利益をもとに株価が大きく上昇することが期待できる株

自分がどういった株を投資の対象とするか決めていない人は一度本書を読んでおくことをおすすめします。

特に市況関連株(シクリカル株)のファンダメンタル分析方法を言及している本は少ないので本書は貴重です。


今どきのアメリカ株への投資法を勉強できる本


MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

広瀬 隆雄 東洋経済新報社 2013-11-29

おすすめ度

日本の株価、日経平均は25年前の水準を超えることができていません。
一方、アメリカの株は25年前に比べ約5倍以上になっています。

アメリカ株に投資したい人におすすめするのがこの本です。米国株投資の第一人者、広瀬隆雄さんが書いた本です。

アメリカのウォール街の投資家たちが何を気にしているのかということがわかります。
これは投資の古典的名著では絶対に学べないことです。

個別株、またバリュー投資、成長株投資、デイトレード等、ETF,先物投資等様々な投資全般を学ぶことができます。

アメリカ市場を題材としていますが、日本の株にも十分応用可能です。


投資の重要性を認識する本


改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

ロバート キヨサキ 筑摩書房 2013-11-08

おすすめ度

株のノウハウ本ではないので一つです

私が株式投資を始めたきっかけであります。
学校で教わることのなかった、世の中の仕組みに、はっとさせられます。

資本主義の仕組みの中で生きる、働くということが、どういうことかよくわかりました。
仕事に対する考え方が変わった一冊でもあります。

またお金のために働かない、お金に働かせるというのは衝撃でした。

主人公が世の中の常識に沿って生きてきた父親と世の中の常識とは少し離れた生き方をする近所のおじさんから教えを受け、資本主義の仕組みを理解していく本です。

20年前に読みたかった。
投資をしない人にも読んでもらいたいおすすめの一冊です。
 

財務諸表の大枠を捉える本


財務3表図解分析法 (朝日新書)

國貞克則 朝日新聞出版 2016-10-13

おすすめ度

株式投資をする上では企業の財務諸表を理解出きるに越したことはありません。

とはいえ、たくさんの数字が並び難解な財務諸表に取り組むのは気が重いと思います。

この本の手法では財務諸表の中でも特に重要な部分を抜き出し、感覚的に全体を把握するというものです。

個々の数字を見るよりも全体をぱっと見ることで、企業の状態が理解できます。

株の本のおすすめ、中級者 上級者

目次へ
株の本をおすすめる女性 中級者 上級者

実用的な株の本

すぐに株の個別銘柄選択に、ポートフォリオの作成に生かせる実用的な本です。
ファンダメンタルズ分析、長期投資のおすすめの株の本を紹介します。
米国株式市場に関するものが多いです。

株式投資に関連する全体像をつかむジム・クレイマーの本


全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦

ジム クレイマー 日本経済新聞社 2006-07

おすすめ度

古い本ではありますが、ファンドマネージャーが書いた本です。売買のタイミング、ポートフォリオの組み方、割安度,非常に具体的です。

特にセクターローテーションは参考にしています。

アメリカの大企業といってもコカ・コーラやマクドナルドといった日本になじみのある企業しか知らなかった私もセクターの有名どころを学ぶことができました。


伝説のファンドマネージャー ピーター・リンチの名著


ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け

ピーター リンチ,ジョン ロスチャイルド ダイヤモンド社 2001-03

おすすめ度

全米NO.1といわれた株式投資の伝説のファンドマネージャー、ピーター・リンチが書いた本です。

銘柄の探し方、買ってはいけない株、売買タイミング、ファンドマネージャーならではの制約、弱み、そして個人投資家の強みを教えてくれます。

この個人投資家の強みがあるので私は個別銘柄を物色しています。また私のポートフォリオの組み方はこの本を参考にしています。

高配当の株に投資するバイブル本


株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす

ジェレミー・シーゲル,瑞穂 のりこ 日経BP社 2005-11-23

おすすめ度

この本は一時期入手困難でアマゾンで中古で2万円以上した本です。

ジェレミー・シーゲルが書いた配当を重視する銘柄に投資する方法が書いてあります。このシーゲルの書いた本に基づき配当重視の投資をしている投資家は非常に多いです。

企業の成長と投資家が株で勝つことは全く別であることが学べます。
配当による投資のバイブルといっていいでしょう。

同じくシーゲルの本 株式投資 第4版、 との違い

株式投資 第4版、(緑本と呼ばれることもありますが)、は株式投資自体を研究しています。

それに対し、この 株式投資の未来、(赤本と呼ばれたりもします)は、より投資家目線での本になっています。

緑本には過去の研究結果が書いてあるのに対し、この赤本ではどうすれば株式投資で勝てるのかという投資家の疑問に解を出そうとしています。 

強いてこの投資方法の難点を言うとすれば、地味な投資法なので面白みに欠けるという所ですかね
投資家必読の書です。

優良企業の財務諸表を知る本


史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

メアリー・バフェット,デビッド・クラーク 徳間書店 2009-03-19

おすすめ度

この本、なんでマイナーなんでしょ。財務諸表はチンプンカンプンでしたがこの本で学びました。

いい所は各項目(利益率、負債率等)をアメリカの優良企業であるバフェット銘柄を引き合いに出しながら妥当な値を教えてくれるのであります。

おかげで財務諸表値でスクリーニングに使用する値に悩まずに済みます。
私にとって抜群の実用度でした。

成長株の投資を勉強できる本


オニールの成長株発掘法 【第4版】

ウィリアム・J・オニール パンローリング 2011-04-15

おすすめ度

急成長株の本です。ファンダメンタルとテクニカル両方を重視しています。

対象銘柄の探し方、売買タイミング、保有期間、ポートフォリオの組み方まで具体的に細かく書いてあります。

私が持っている本の中で一番高いです。中古でもほとんど値段が変わらなかったためやむなく新品で購入。しかし大いに活躍しております。

バリュー投資の本は多くありますが、急成長株の本は少なく、急成長株をやる人にとって必読の書といえます。

この本を読むまでは過去数年間の実績のみをみて銘柄選択をしていましたが、より直近の情報を見るように教えてくれました



おすすめの株の本で勉強する女性

知識をさらに広げる株の本

目次へ

押さえておくべき、定番の株の本は読んだけど、もっと色々と株式投資勉強したいという方におすすめの株の本を紹介。 

米国株式市場に関するものが多いです。

バフェット流、株式投資の本


株で富を築くバフェットの法則[最新版]---不透明なマーケットで40年以上勝ち続ける投資法

ロバート・G・ハグストローム ダイヤモンド社 2014-04-25

おすすめ度

投資家といえばやはりバフェット。
同じくバフェットの投資術を書いている億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術 と内容は一部重複していますが、本書のほうがやや上級者向けだと思います。

バフェットの投資原則はもちろんのこと、バフェットの多くの保有銘柄の検証が書いてあります。バフェット流の投資をする上で必読の書です。


投資の心理学を勉強する本


行動ファイナンスと投資の心理学―ケースで考える欲望と恐怖の市場行動への影響

ハーシュ シェフリン 東洋経済新報社 2005-03

おすすめ度

市場が効率的かどうか、どんなニュースも株価は瞬時に織り込み、株価は常に適正価格というのが効率的市場です。

それに対しこの本は株の売買をするのは人間で、人間である以上、ミスをする。

株価は常に適正であるとは限らないといった視点で、多くの事例が紹介されます。

金融工学で語られるものよりも本書で語られていることのほうが明らかにしっくりとします。
圧倒的なボリュームで迫る、充実の一冊です。読むと疲れました


バリュー投資の古典的名著


新賢明なる投資家 上~割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法~《改訂版――現代に合わせた注解付き》 (ウィザードブックシリーズ)

ベンジャミン・グレアム,ジェイソン・ツバイク パンローリング 2005-03-31

おすすめ度

言わずと知れた、名著です。ウォーレンバフェットの師匠のベンジャミン・グレアムが書いた本です。
この本、ボリュームが多いです。株のHow to本というよりは投資の原理原則が書いてあります。すぐスクリーニングに生かすための指標のガイダンスは少ないです。

しかし正直、 ちょっと読みにくかったです。

株の本を極めてたい方は是非読んでみてください。

金融工学の概略を学ぶ本


金融工学―経済学入門シリーズ (日経文庫)

木島 正明 日本経済新聞社 2002-05

おすすめ度

株式投資を数学的に分析しようとするのが金融工学です。

様々な数式がたっぷりと出てきて頭が痛くなりますが、金融工学に一度触れておくのは投資の幅を広げます。

一度触れてしまえば、ややこしい、標準偏差、べき分布、ブラック・ショールズとかいう頭の痛くなる専門用語が出てきてももう怖くありません。

株価分析を極めたい人の初心者向け。

PSRも使って株式投資をする本


ケン・フィッシャーのPSR株分析 ――市場平均に左右されない超割安成長株の探し方

ケン・フィッシャー パンローリング 2009-01-16

おすすめ度

株価を1株辺り売上高で割った指標がPSR (Price to Sales Ratio)です。PSRも株価の割安度を簡単に知るための尺度です。

特に利益が出ていない新興株や赤字市況関連株の評価にPERは使えません。

売上高から株価の割安度を評価します
この本の成長株、重厚長大銘柄の買い時をPSRを使って評価するところが参考になりました。

成長株に投資するための明確な基準を教えてくれる本


【テンバガー】10倍株で勝つ

朝香 友博 アールズ出版 2013-11-14

おすすめ度

この本、日本株向けの本ですが、成長株への投資法を書いた本です。
非常に具体的に対象銘柄の探し方を書いてあるので、実用的です。

実際 米国株の超マイナー株の(REX) American Resourcesを購入し最大で+40%まで行きました。

私の中で2014年のベストパフォーマンス銘柄でした。もっと買っておけばよかった。

カフェでおすすめの株の本を読む女性

理論株価を勉強するための本

目次へ

株の理論的な価格は本来、企業価値と同じなのでになるはずです。その企業価値を算出するための本の紹介です。

そもそも株が高いとか安いとか何を基準に考えたらいいかわからないですよね。

そんな時に企業の価値から理論的に適正である理論株価の算出方法を勉強できる本の紹介です。

バリュー投資、グロース株投資いずれの場合にも、企業価値を下回る価格で株を買えれば、大きな利益が期待できます。

米国株式市場に関するものが多いです


バリュー投資の新しい教科書


バリュー投資入門―バフェットを超える割安株選びの極意

ブルース グリーンウォルド,ポール ソンキン,ジャッド カーン,マイケル ヴァンビーマ 日本経済新聞社 2002-11

おすすめ度

ボリューム満点であります。株をする人はその企業の妥当な理論株価を知りたいと思います。
この本では理論株価をどのように算出するか書いてあります。この本で特に印象的だったのは成長に期待しないという点でした。
私はバリュー投資の本としてはグレアムの本よりこちらのほうが理解しやすかったです。また中古で買ったのですが、すばらしいコストパフォーマンスでした。
私はこの本を参考にアルガン(AGX)を購入しました。安定したパフォーマンスを保っていました


MBAで理論株価を知る本


MBAバリュエーション (日経BP実戦MBA2)

森生 明 日経BP社 2001-10-13

おすすめ度

恥ずかしながらMBAが株価と関係あるとは思ってなかったのですが、思いっきり株価に関係あるんでしたね。
この本では企業価値の評価方法、企業を買収する場合どのようにその価値を算定するかが書いてあります。私も多用しています。バリュー投資入門と一部内容がかぶっていますが、こちらは非常に読みやすい本でした


キャッシュフローに焦点。MBAの要点だけ勉強して理論株価を知る本


決定版 1000ドルから本気でやるアメリカ株式投資―長期資産形成!いま、原点からの戦略

おすすめ度

この本、中古の価格が異常に安いのとアマゾンの評価が両極端だったので買ってみたのですが、私の読んだ本の中でベストコストパフォーマンスだと思います。キャッシュフローを用いての妥当株価産出、またMBAの本に書いてあるような将来利益を考慮した妥当株価の算出等、盛りだくさんです。

目次へ

より深く株式投資を理解するための本

個別銘柄選択のハウツーから少し離れて、大きな視点で株式投資を見つめる本を紹介します。
そもそも、株式投資とはどういったものなのか、利益はでるのか、どういったものに株価は影響されるのか。
株を勉強したいけど、どの本を読んだらいいかわからないという方に。
ファンダメンタルズ投資、長期投資のおすすめの株の本を紹介します。
米国株式市場に関するものが多いです

米国株を研究する本


株式投資 第4版

ジェレミー・シーゲル 日経BP社 2009-07-23

おすすめ度

米国株式が影響を受けることすべてに関して、約50年分にわたる様々な角度からの株の研究結果です。
配当利回り,PER,PBRといった各指標に始まり政策金利、様々ニュースやアノマリー等が長期にわたり株価にどのように影響を与えたのか学べます。
研究という言葉がぴったりの一冊。押さえておくべき一冊だと思います。シーゲル信者が多いのも納得です。


インデックス投資の優位性を学ぶ本


ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理

バートン・マルキール 日本経済新聞出版社 2016-03-10

おすすめ度

この本は市場は効率的でありインデックス投資が最も素晴らしいということを様々な視点から説明していきます。
テクニカル投資、ファンダメンタル投資がインデックス投資に劣るということを説明しています。
相場で勝ちつづけられた人は一部の例外を除いていない。一時的に買った人は只幸運なだけといいます。

個別株投資をやる人にとってはショッキングな内容です。それだけにリスクの高い個別株投資をする前に是非一読して頂きたいです。

ジム・クレイマーの書いた新しい本


ジム・クレイマーの“ローリスク"株式必勝講座

ジム・クレイマー 宝島社 2015-01-17

おすすめ度

アメリカの投資家が書いた新しい本です。現在の株式市場で株価がどのようなことに影響されているか学べます。優良株の評価法やこれから伸びるであろう新しい業種や推奨株が書いてあります。

しかし私が一番参考になったのはマクロ経済の見解の持ち方でした。自分なりにマクロ経済への見解があれば、日々の株価の上下に一喜一憂することなく銘柄選択できます。それに基づきボーイングの株を購入。


投資の原理原則を学ぶ本


投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識

ハワード・マークス 日本経済新聞出版社 2012-10-23

おすすめ度

非常にいい本だと思います。さらっと読んで実践に生かすというハウツー本ではなく、投資の原理原則が書いてあります。常にこのおしえに基づいて行動するべく脳に刻み込みたい内容です。

 

投資経験がそこそこある、中級者向けの本だと思いますが初心者でこの教えをマスターすれば、いかなる場面でも自分がどのように振る舞うべきかの指針を与えてくれるでしょう。

市場参加者と逆の動きをすることにより損失を最小にしながら利益をとる投資法です。
書いてある内容としてはシンプルですが実際に行うには難しいことばかりです。
投資をする以上、損失が出る場面は必ず生じると思いますが、負けない投資の教えが勉強できます。

より深く企業分析をするための本


投資家から「自立する」投資家へ~企業の真のPERを知り、それに打ち勝つ自分をつくる~

山本 潤 パンローリング 2003-12-20

おすすめ度

目次を見て主に前半の部分に惹かれて購入しました。今までとちょっと違った財務諸表の見方が書いてあり非常に参考になりました。しかし一番有用だと感じたのはこの本の後半部分でした、投資をするにあたって今後何を勉強する必要があるのか、まさにタイトル通り次のステップを提示してもらった気分でした。

上級者向け

目次へ

下は色々な面白いブログを載せているブログランクへのリンクです。私のランキングにも反映されるのでやる気がでます。うれしいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

投資は自己責任でお願いします。


ブログ内検索
株の本 おすすめ
最新コメント
免責事項
投資の判断は自己責任でお願いいたします。 当ブログに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に対し当ブログは一切責任を負いません。 記載された情報に関しては完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。 当ブログの情報を利用する場合は免責事項に同意したものとします。 また当ブログに記載の情報は予告なく変更、削除することがあります。
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
Twitter プロフィール
40代会社員です。 2014年から米国,個別株投資を始めました。嫁と子供有り。40にして惑い始める。転職、無職経験有。ブログ 米国株 https://t.co/1Ym3mGzO8D, 転職活動  https://t.co/qZOsfCfyke 日記 :https://t.co/Z4TCF19NZh
ブログ内検索